フラッシュ脱毛器はこんなに便利!

フラッシュ脱毛器は光を用いて脱毛ができる商品です。黒色に反応する波長の光を照射して、毛根を破壊し脱毛するという考え方に基づいています。カメラのフラッシュのように強い光を照射しますので「フラッシュ脱毛」と言われることがありますが、光脱毛などとも言われることもあります。この脱毛法のメリットとしては、広い範囲に光を照射できるので、短時間で、数多くの毛を脱毛することができます。また光の照射は痛みなども伴わないため、皮膚疾患などの副作用も極めて少ないとされています。

デメリットとしては、目や眉毛、頭髪に光が及べば、頭髪などの欠損のリスクを負ったり、失明の危険を負ったりすることが挙げられます。顔以外の部位に光を照射することが前提とされています。また家庭用脱毛器では、光源カートリッジは消耗品の位置付けがあるので、都度数千円の出費があります。

光には、細胞の増強を促進する作用もあります。脱毛のための光を照射することで代謝を促し、美白や保湿などの効果も同時に得ることができます。家庭用脱毛器の一部商品には、フォトフェイシャル美容の機能が付いているものもありますので、便利に使いこなすことができるでしょう。

日本では、家庭用のフラッシュ脱毛器が主流となっています。技術向上によって価格帯もかなり安くなりましたので、多くの女性が買い求めています。男性のムダ毛にも効果がありますので、カートリッジヘッドを個別に用意して、家族で使っている方も多く見受けられます。


レーザー脱毛器について教えます。

レーザー脱毛器は、黒色に反応する波長のレーザー光を照射して、毛根を破壊し脱毛するという方法がとられています。この光は、フラッシュ光と違い皮膚の奥深いところまで直線的な光が届きますので、毛根をくまなく破壊することができます。さまざまな脱毛法を用いても毛が抜けにくかった方などにお勧めです。ただし、レーザー光を使っての脱毛は医療行為に当たる場合がありますので、サロンでの脱毛は注意が必要です。

この方法では、フラッシュ脱毛の「面で脱毛する方法」とは異なり、ピンポイントで光を照射しますので、脱毛効率が高いメリットがありますが、広範囲の光照射には向かないので、すべてを脱毛すると時間がかかります。また、直線的な光を当てますので、ショット時にハリで刺されたような痛みを伴います。瞬間的なものという説明がなされていますが、医療脱毛を行う場合は麻酔クリームを塗布して施術するケースが殆どです。家庭用レーザーの場合も同様、痛みを伴うなどの経験談が多く寄せられています。また家庭用の商品でもやけどや皮膚の炎症などの後遺症・副作用に悩む方もいますので、肌の弱い方は他の脱毛法を検討することもお勧めします。

従来型の脱毛器は重量感があるため、使いにくいという評価ばかりでしたが、このところ販売されているものでは、女性の小さな手でも扱いやすい、小ぶりで軽量化を図った商品が多いので、かなり使用しやすくなったと言われています。メンテナンス体制が万全の企業が多いので安心して使えます。

ページのトップへ戻る